« アルペンスキースキルハブ🧨     TEAM DYNAMITE SKI RACINオンラインサロンスタート | トップページ | TEAM DESCENTE 2020/2021お知らせ »

2020年5月25日 (月)

音楽とパフォーマンス

20200525_150242_resized20200525_150306_resized20200414_174240_resized
トレーニングの時に聞く曲は大切ですよね。

やる気も変わりますしおそらく効果も変わる!

牛を飼うのにクラッシックを流している酪農家やハウスの中に音楽を流す農家さんもあるといいます。

また、試合前に好きな曲を聴いて集中力を高める方は多いでしょう。

運動時に聴く音楽には心理的な効果に影響してパフォーマンスにも関係していると報告されています。

有酸素運動(ランニング、バイクなど)には1分間に120~140回ほどのテンポで弾み多少普通より速く感じるくらいの曲が良さそうです。

またトレーニング後のスタティックストレッチやヨガなどには緩やかなヒーリング的曲が適正なのでしょう。


ちなみにサッカーのレジェンド三浦カズはランニング時に都はるみだとか?

私の場合、ランニングやバイクではジャズ系のフュージョン系が多いですよね。

松岡直也なんか大好きでしたから今でも聞いて走ります。

チャックマンジョーネビリージョエルサンタナ系も良いですね。

実はグロリアエステファンの大ファンでして筋トレ時はグロリアが多いです。

シェキーラマライアキャリーシカゴ

ストレッチはスローな曲、ミスチル、ドリカム、松山千春、山下達郎、竹内まりや系かな?

Breeze系 ボズスキャックスも良いね。

20200412_16560620200424_15283320200430_090515

メンタルにも左右する音楽

この時代、安心感を得られる心のシフト大切なことだと思います・・・・!

|

« アルペンスキースキルハブ🧨     TEAM DYNAMITE SKI RACINオンラインサロンスタート | トップページ | TEAM DESCENTE 2020/2021お知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルペンスキースキルハブ🧨     TEAM DYNAMITE SKI RACINオンラインサロンスタート | トップページ | TEAM DESCENTE 2020/2021お知らせ »