« TIGNES FRANCE CAMP 動画にて前半戦紹介! | トップページ

2019年11月30日 (土)

TEAM DYNAMITE FRANCE TIGNES 2019 FINAL WEEK

 

根本的にスキーに乗る身体は折れたり捻ってはいけません。スキー膝腰上体までが真っすぐ向いている事が一番大切なのです。皆さんもたくさん映像を見ていらっしゃると思いますが世界のトップでお尻をインサイドに入れている選手はだれもいませんし身体を意識的に捻っている選手などどう見てもいません。GSではどうしてもポールを避ける動作が必要な時があります。その場合でも足元から伝わる力が弱くならない様に真っすぐ支えることが大切なのです。

Line_105574881203540_201911301833011574351902288Line_37511329151862


今回一緒に戦ってきたフランス人で一番の友マーク・ガルシア氏とのトレーニングをしてきました。映像にも出てきますが基本練習での軸が全くぶれません。日ごろから私もスキーにスクエア(正対させる)にさせる事をたくさん練習させて来ています。選手はスーッ!と身体の力みが取れたようにリラックスしています。

 

Img_6928Img_6907Img_6860Img_6749Img_6681Img_6662

50年前の撓まないスキーを振りわして滑っていた頃の事を教えてはいけません。ステンマルクの時代、トンバの時代、ヘルマンマイヤー・グルニーゲン・リゲティ・パントロ・クリストファーセンとしっかりスキーに真っすぐ乗っている姿を真似しなくてもいけません。コーチも選手も気が付いているはずですよね。低速で身体を折る捻るはもうやめましょう。日本の選手だけ違う方向に行ってしまいます。間違いは間違いだったとちゃんと言ってアルペンスキーに取り組みましょうよ。間違っているから世界に追い付かないのですから・・・・!

20191125_175326_resized20191126_143733_resizedImg_20191126_221109_872

底辺の下のレベルから私は素直に乗らせていきます。スキーと腰がしっかり正対してターンに入る時進行方向に向く事を徹底して指導します。それがしっかりできて来ることで外力を受けて切れ始めたスキーは自然に撓み動き受け止めたリバウンドで自然に軸は入れかわります。エッジに乗ってからは全てリアクションでスキーは動きます。私が出会った先輩や指導者は正しい事を教えてくれて本当に感謝しています。選手が回り道しない様に正常な方向性で引き継いでいきます。

さ、富良野で子供達を教えるのが楽しみになって来ました。しっかり真っすぐ乗り、足元から動かして行きましょうね。

|

« TIGNES FRANCE CAMP 動画にて前半戦紹介! | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TIGNES FRANCE CAMP 動画にて前半戦紹介! | トップページ