« 真剣に取り組む!が勝つ NZ遠征報告 | トップページ | EURO遠征  »

2019年9月17日 (火)

RID PISLAB CAMP 秋!報告と今後日程

指導員の先生や地域のコーチの方からジュニアまでやはりスキーを上手くなりたい速くなりたい方は年齢は関係ありませんね。パワーをいくら出し切ってもピスラボやアイスバーンは切れません。豆腐もコンニャクもいくら鋭い包丁でそのまま力づくでおさえても切り口は崩れてしまい綺麗に切れませんよね。スキーも同じなのです。職人が刺身をおろすのと同じように優しく滑らせるように雪面を切りこむのです。

山足に垂直に立ち肩甲骨の動きを利用してハムストリングスを後ろに伸ばす。そこからスキーが腰の下に滑り下りてきます。ウエーブでターンした時に自然にスキーが回転しながら滑り落ちるのと同じです。決してエッジを立てて頑張っても切れない事なのです。自然現象に近い!自分が行うことでもないと感じています。

Fb_img_1568525566779Fb_img_1568525559666Fb_img_1568525587689ピスラボでもエッジにバリを立ててギンギンにして滑りたがる選手が多いですがエッジがある程度立っていれば滑らせ方で切れる事を知ってほしいと思います。古武道の技術から学びとり、鍛えたパワーは温存して効率良く滑ることで最小限の筋力で速く滑る事が可能です。
Fb_img_1568525506523Fb_img_1568525594737Fb_img_1568597754521 D原田が伝授した内容をご覧ください。そして来るシーズンに繋げて下さい。

参加者のVTR⇒Youtube

下記動画はD HARADA指導内容

今後の予定

11月初旬~下旬 フランス遠征
11月下旬~12月上旬  FEC事前練習
12月中旬~ 富良野滑込合宿
12月21日22日 富良野『木村・原田』キャンプ
12月21日~1月5日 富良野合宿
1月中旬 カムイスキーリンクス練習会計画中
1月23日~26日 愛媛ソルファ小田アクトキャンプ

|

« 真剣に取り組む!が勝つ NZ遠征報告 | トップページ | EURO遠征  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真剣に取り組む!が勝つ NZ遠征報告 | トップページ | EURO遠征  »