« スクワットの足圧ポジションでピスラボを切る【RID PISLAB CAMP】 | トップページ

2017年11月 5日 (日)

基盤作りのフランス遠征

マーク ガルシア氏の指導のもとしっかりとしたスキーのベースを学び、自分がやらなければならないことがはっきりしたと思います。ティーニュの氷河はリアルアイスこのバーンで基本を学ぶのが、一番近道と思い今回、私のフランスの親友を尋ねました。これから一度日本に戻り、アメリカでの遠征に向かいます。長いシーズンです焦らず確実にレベルを上げられるように進めて行きます。

20171028_101508 20171102_154632 20171026_111105_6
友人とテクニックの整理をしてきました。またパワーアップして皆さんにお伝えできます。お楽しみに・・・!
11月7日に一旦帰国し13日にアメリカに移動します。12月10日には北海道へ入り本格的なシーズンが始まります。
1人1人がゴールで笑えるシーズンにして行きたいですね。See you soon

|

« スクワットの足圧ポジションでピスラボを切る【RID PISLAB CAMP】 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100747/66004832

この記事へのトラックバック一覧です: 基盤作りのフランス遠征:

« スクワットの足圧ポジションでピスラボを切る【RID PISLAB CAMP】 | トップページ