2017年6月15日 (木)

立山 初日雨 2日目快晴

20170611_12453620170611_12455220170611_122455

天候はきちんと平均ですね。初日10日上がった時は曇り空で4度寒かった。天狗の『点の記ラーメン』をいただいて温まっているとお昼からは雨が落ちてきて出るのに勇気がいるくらいでしたが雷も鳴ってませんし私の心を奮い立たせて雪渓に立ちました。

20140621_12423520140622_07551120140720_105657

午前セットした40旗門のセットを3本とブラシの中を片足スキー10本選手たち良く頑張りました。それで終わらないのが私、帰ってから身体が冷えているので風呂に一直線、その後で内臓をしっかり温める為に補強のエアロビ腹筋を1000回+20回頑張りました。お陰で風も引かずに済みます。そして夜7時過ぎ晴れてきました。

20170609_18511620170611_05043020170611_093754

2日目は5時起床 4時45分に外に出ると女子選手が体操していました。気温は-1度、雪はカチカチのアイスバーン最高のコンディションです。

天狗平山荘の裏でトレーニングできますので最高です。すぐに準備して選手はフリー音が冬の音です。40旗門タイムを計りながら5本小学生達も歩くのが速くなって来ました。

8時まで頑張って天狗平の美味しい朝食パン食べ放題最高です。

9時30分から最終クール 片足での基本ルーティーンから実戦セットを10本2時まで頑張りました。来月は7月15日16日17日 詳細はこちら⇒ENTRY PAGE

参加選手のVTRはこちら

10日ブラシ基本 10日SL基本 

11日早朝SL実戦 11日片足ブラシ 11日最終クール実践

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

流れに乗る!

20170502_13193720170507_084023

近頃、私は一段落という時がわからなくなりました。

それが私の原動力かもしれません。

水も止まれば淀みます。

経済だって止まれば沈んで行く

昔ほど大きなことはできなくなりましたが

細くても生活にスキーの時間を絶やさずに

常時動きを止めないことはできている。

この年になると急な上り坂を駆けあがったり

急発進したりすることはできないが

たんたんとゆっくり流れに乗る様な

日々はこなしているような気がする。

スキーの乗り方も一緒かな?

才能もあるわけではないし、頭を使って何をできるわけでもない。

でも、ただただスキーを考え続けられる自分には我ながら関心する。

今シーズンも人にとっては大した結果ではないが

この年で滑らせてもらっている

何レースか良しと思うレースもあった。

そして何より教えている子供達が私の顔を見ると笑顔になってくれる。

笑えるって前向きだからだよね。

それだけで私は続けられる

全ての教えた選手が昨年の初めよりも

上達していることで全て良しであった。

スキーって楽しいね

ゴールデンウィークの参加者VTRは⇒Youtubeよりご覧ください。

https://www.youtube.com/view_all_playlists

第二弾立山天狗平室堂雪渓合宿申込お急ぎください。

DYNAMITE SKI RACING ENTRY PAGE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

練習は嘘をつかない!春季合宿報告

大会だけ回っていて実力は付きませんよね。

どこかで思い切って練習の時間を作らなくては・・・だめです。

12月に多少練習して1月にはレースに突入

その後皆さん何日練習の時間を設けましたか?

大きな大会ならアップポールや事前練習もありますが準備する為だけの練習

とても技術を進化させる練習などできていません

練習に集中すると見事に磨きがかかります

ここのところ選手は減っているのに大会がたくさん増えてきました。

FISの試合もエントリーオーバーになる試合はほとんどありません。

ポイントを取ることは確かにスタート順番を上げる為に必要なことですが

それよりも先に練習してレベルを上げることの方が先決です。

実力のある選手は各種目2試合さえあれば

簡単にポイントを取れることを忘れてはいけません。

良いですか試合より練習ですよ。

練習は嘘を決して付きませんから・・・・・!

春季富良野合宿報告

20170402_14004220170402_14010820170402_09301720170402_09343420170401_11294520170327_174747




3月20日~4月2日まで春季富良野合宿を開きました。この2週間でレベルアップ滑って滑って滑りまくりました。大会より練習実力が上がらないと戦っても心が痛むだけですからね。

参加選手VTRこちらhttps://youtu.be/2rhHLg89SJM

最終日VTRhttps://youtu.be/cDH8F_0ZHvs

今後の日程

富良野ゴールデンウィーク合宿 4月29日~5月7日 

≪富良野営業予定7日クローズ場合は黒岳へ≫

立山雪渓天狗平合宿 6月10日~11日 申込開始5月10日

立山雪渓室堂合宿 7月15日~17日 申込開始6月5日

ニュージーランド遠征 8月7日(月)~8月26日【20日間】

≪FIS・COC参戦希望者は9月上旬まで≫

遠征を検討している方は前もってご連絡ください。10名程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSP大山レーシングキャンプ

Disen_120170312_14394520170312_082134




3月に行われた大山レーシングキャンプのVTR

出雲の持田スポーツが企画する敷居の低いレース入門キャンプですから来季は是非参加して下さい。スキーが上手くなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

さらなる進化を求めて!春合宿

目標に達すればまた新たな目標ができる。

1月最高の状態で予選に臨み最高の滑りで国体の出場権を取ることができた。

正直ここまで自分が滑ることができるとは想像もできませんでしたが、

国体での結果に燃えたぎる闘志が生まれて来た。『このままでは終われない!』

夏の遠征、秋の遠征、富良野合宿と各県大会に送り出し

全中、インターハイほとんどの選手が全国大会にコマを進めることができた。

今年は進級した選手が多かったこともあり表彰台に乗れるまでは行かなかったものの

これまでの個々を考えれば各選手随分レベルアップできたと思っている。

国体では私が教えた選手たちにたくさんあえた。

世界でもがいている石川選手も国体に戻って2連勝を成し遂げた。

インカレでも私達DRCのOB・OGたちが活躍している。

春には高校選抜、ジュニアオリンピックを控えさらなる君たちの頑張りに期待したい。

そして来年は中学高校共に2年3年に上がる選手が多い

表彰台の真ん中に立つ選手が出ることを祈るばかりである。

A20160501_11324620160503_100654A20160502_115604




春の日程

MSP大山レーシングキャンプ 3月8日9日10日11日12日(今回は大山ロングラン開催)

富良野合宿 3月18日~4月2日(29日30日31日原田不在ですが他のコーチ検討中)

ゴールデンウィーク富良野 4月29日~7日(雪の続く限り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

長野銀嶺国体 【先輩・後輩・同期・恩師との再会】

もうすぐ53歳の誕生日を迎える年にまさか国体に出場できるなんて想像もしていませんでした。長野銀嶺国体は白馬で行われたがたくさんの懐かしい方々にお会いできました。今まで国体はピリピリした現場であると感じていたが今年の国体は心から楽しめたように感じます。

A20170216_074408A20170216_071133A20170216_065620A20170216_065612A20170216_094515


A20170216_120917
A20170216_124354A20170214_091039

A20170215_214504_2


もちろん自分の滑りには納得していませんが精一杯の努力はしました。また自分磨きに切磋琢磨してまた来年高いレベルの30代、オリンピアンやワールドカップ経験者達に挑みたいと思います。原田まだまだこのままでは終われませんからね!私の好きなサウンド入りですから仕事の方は消音してクリックね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

Work Talent ! 頑張れる素質!

スキーセンス?素質?良く言われますよね。

全くナンセンスだと私は思います。

好きだからスキーをする。上手くなりたいから努力する。

なんのスポーツでもセンスなどない

習得のスピードにはもちろん個人差はありますが

素質で最終的に大人になった時の順位が変わるとは全く思っていません。

むしろ、好きなことに精いっぱい努力ができる素質の方が大切なのです。

子供の頃の天才は五万といます。

天才でも初心者でも努力できる才能がなければ頂点に立てません。

努力できる才能を見出せるのは親であり指導者です。

スキーが面白いと思うような教え方をする。

私はもっとも大切なことだと歳を取った今実感しています。

You shuld have work talent !  

持つべき素質は好きなことに努力できるパワー

琴引レーシーングキャンプ 主催:持田スポーツ

Kimg0163Kimg0169Kimg0178Kimg0181Kimg0187Kimg0191Kimg0179Kimg0143
Kimg0194

琴引 参加者皆さんのVTR:https://www.youtube.com/playlist?list=PL-ta7Zlji4EvwE8V-RNljGuTqi0Q-JWvT

ソルファ小田 主催:高知アクトスポーツ

20170127_12050220170128_16184020170129_084925_220170129_07130620170129_072119_220170128_080004ソルファ小田 参加者皆さんのVTR:https://www.youtube.com/playlist?list=PLCNO9RrTy2DI8kXqMPNGolmhhQlCe1Nv3

春の予定 ※まもなく募集開始!

3月10日11日12日 MSP大山レーシングキャンプ

3月18日~ 富良野春季合宿

4月中旬 アメリカスピードFIS参戦遠征

4月下旬 富良野GW合宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

富良野合宿 成果あり

各地から届く結果に私達スタッフも喜んでいます。2月には全国大会が始まり皆さんの活躍が楽しみになりました。全国中学、インターハイ、国体、そして全日本選手権、ジャパンシリーズとリザルトを楽しみにしています。富良野の環境をスライドショーにまとめました。ご覧ください。再生リストに参加者のVTRをUPしてあります。研究に使ってくださいね。https://www.youtube.com/view_all_playlists

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

DESCENTE DREAM CAMP 2016 FURANO

木村公宣氏、武田竜氏、わたくし原田でコラボレーションキャンプを行いました。富良野スキー場スピースコースのロングコースを使用し3名のアドバイスでがっちり練習してもらいました。参加者は小学生から一般社会人60歳代まで、武田竜氏の滑りを見て滑る。為になり、楽しいキャンプで皆さん笑顔で飛ばしてました。3年前に計画され今年実現、来年はますますパワーアップして皆様と一緒に楽しむキャンプを企画して行きます。12月第3週は空けておいてくださいね。 武田竜氏の前走是非ご覧ください。

12月17日のVTR

https://www.youtube.com/playlist?list=PLCNO9RrTy2DKWQOPaL6nmAVSm0YXG76ui

12月18日のVTR

https://www.youtube.com/playlist?list=PLCNO9RrTy2DIQtGui6X-vqWRp-8j0ukgy

≪これからの予定≫

12月19日~1月3日までDYNAMITE SKI RACING 富良野合宿が始まってます。

1月3日~7日まで遠軽急斜面対策企画中

1月21日22日 琴引スキー場(島根)にてキャンプ決定

1月27日28日29日 ソルファ小田(愛媛)にてキャンプ決定

3月春季富良野合宿予定通り開催

4月初旬 アメリカ西部マンモスマウンテン スピード系FISレース参戦遠征企画中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

アメリカ コロラド4とカナダ1 5か所のスキー場を遠征

A20161109_141729_3A20161112_141703A20161118_104305アラパホベーソン、ラブランド、カッパーマウンテン、ベイルそして、カナダバンフのノークエーをトレーニング・レース制覇して遠征しました。私はたくさんの経験こそ選手を育てると思っています。多種多様なバーン雪質標高そして人々の違いや環境の違いそれを感じる経験こそが選手の成長を支えます。

A20161203_112019A20161118_164039A20161120_103929




今年は雪が少なかったことで私も苦労しましたがそのおかげでアイスレーンやきついウエーブも経験できました。来年も同じように多種多様なスキー場で練習レースを転戦させ合いと考えています。

2017年4月 アメリカ西部スピード系FIS転戦遠征を企画中 人数は5名程度で進行して行きます。会員やDRC関係者メンバーOGOBその子供達限定です。ご連絡ください。

感動の景色や選手たちの暮らしをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アイスレーン