2018年4月 5日 (木)

富良野 春!

一からもう一度始めます。この春は西から選手が訪れました。少し消極的な選手達の集まりで私もどうブチかますか少し考えましたが10日間の富良野で別人に変わりました。スキーのテクニックではありませんよ。意欲と志を感じる選手達に変わったのです。

20180327_10011220180402_14251220180403_143116

まだまだ技術的には箸にも棒にも届きませんが必ず今回のような速くなりたいという意思があれば追いつきます。スキーは生涯スポーツです。
20180404_10084820180403_150056 20180402_124316 今勝てなくても必ず諦めなければ追いつく!春の富良野ではそんな気持ちを教育しました。富良野Jrのコーチや選手の皆さん10日間ありがとうございました。またゴールデンウィークによろしくお願いします。
参加者VTR Youtube!
今後の日程
立山天狗雪渓合宿 6月9日10日
立山室堂雪渓合宿 7月14日15日16日
以後FIS参戦希望者9月初旬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

3月の西日本巡業【完】

20180317_084035_2

西日本の選手達の成長を確認しに愛媛ソルファ小田から鳥取大山そして鳥取氷ノ山と遠征させていただきました。目覚ましい成長にびっくりです。1年でこの成長ぶりであれば必ず北に追いつけるはずです。

20180303_084505
20180304_084703 20180302_093026
残念ながら大山の雪が3月中旬でなくなってしまい最後は氷ノ山でB級大会に参加させていただきましたが、西の名選手達と勝負させていただき初めてのコース勉強になり楽しい一日となりました。 氷ノ山の斜面は難コースで難しく学生の頃に活躍していた大藤君、西谷くん、伊藤くんといった社会人たちがさすがの滑りで頑張っていました。ジュニアも素晴らしい成長ぶり急斜面の捻じれたバーンを攻略していました。このバーンがあるなら西日本も大丈夫氷ノ山からなら素晴らしい選手が出そうですね。
120180311_131356 20180310_123400 20180310_080955
20180317_082534 20180317_145914 20180317_084035
こうして3月の西日本キャラバンも終了しました。次は富良野に戻り春季合宿が始ります。いよいよ終盤来季の為に頑張って行きましょうね。
今後の日程
富良野春季合宿 3月末
富良野GW合宿 4月28日~6日
立山天狗平雪渓合宿 6月9日10日
立山室堂雪渓合宿 7月14日15日16日
NewZealand遠征 8月6日~26日(以降ANC;FIS参戦予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

春ここからが勝負!

春が練習の時ここがレベルアップの時、西から北へ

テーマ1 : 腰から下の平行四辺形
テーマ2 : 下半身の上下動
テーマ3 : ターンの前半での仕事と後半でのリアクション

ソルファ小田春レーシングキャンプ実施 
3月1日(木)2日(金)3日(土)4日(日)  
申込 アクトスポーツ高知 澤村様 090-1574-7644
電話・SMS・LINEにて

富良野合宿(春休み)
3月25日(日)~4月4日(水)ENTRY PAGE

富良野合宿(ゴールデンウィーク)
4月28日(日)~6日(日)ENTRY PAGE

立山雪渓合宿準備開始 
6月1回 7月1回

ニュージーランド遠征準備開始 
8月5日~26日にて計画中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

四国レーシングキャンプ 『四国の選手たちの夢をかなえたい』

四国ソルファ小田でのレーシングキャンプは今年も寒波の中で素晴らしい練習ができました。私が行くと愛媛は冷えます。

20180128_08542120180127_09140320180126_132637




初日  正しいポジションを掴む為の基本練習からGSのゲートへ

2日目 正しく効率の良い上下動を学び 1kmのGSを12本

3日目 GS基本セットからGSの細かいセットで動き方をマスター

4日目 早朝6時からGSトレーニング、午前SL、午後他のスポーツとのリンクで基本練習をびっしり行いました。

20180126_14485620180127_12313120180125_124412




スキーが楽しいんですね。四国の選手たちは笑顔を絶やさず黙々と練習に励んでいます。

アクトスポーツの澤村さん、スキー場の田中社長、他スタップの皆様 今年もありがとうございました。今後も新たな進化を求めて頑張って行きましょう。

初日25日の2日目26日 VTR 

3日目27日4日目28日 VTRは全選手映ってますよ。

来年のスケジュール

1月23日24日25日平日ポールキャンプ 26日ジュニア主体での基本練習 27日早朝GS実戦とSL基本練習の予定で組んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

富良野合宿 名場面集VTR公開

12月10日から1月6日までで行われた富良野合宿をYTRにまとめました。フリースキーからスピースコースでのウェーブのロングトレーニングから北の峰トレーニングバーンに移ってからは毎日スーパーGから技術系に移行しての練習でスピード能力を付けました。

木村公宣コーチ、武田竜コーチとコラボレーションで行われたデサントキャンプを皮きりに富良野ジュニアの仲間たちとの練習まで刺激的な練習になったはずです。
シーズンは始ったばかりです。全国に進出できた選手もそうでなかった選手もこれからますます練習に励んで未来の自分を磨く為に頑張って下さいね。

一時動画が見れなくなりましたことをお詫び申し上げます。

1月25日から28日ソルファ小田(愛媛)にて講習会が行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

大雪のDESCNTE RACING CAMP 大成功

20171216_144218

世界の木村公宣氏、基礎でもアルペンでも一流のドラゴン武田竜氏とのコラボキャンプが先週末盛大に開催されました。降り続く雪の中でしたがスピースコースを半面貸切で行われ、皆さんのコース整備で下地は硬くしまったバーンができ最高の環境ができた事と一人も怪我もなくレベルアップできたことに、スタップ一同安心の気持ちでいっぱいです。20171217_133937

2回目となるデサントコラボキャンプもますますパワーアップしてきました。撮影いで来ていた佐々木明氏も滑ってくれました。来季もまた新たな方向性を探りながら皆様方が成長できるように企画してまいりますのでどしどしご参加ください。

スキー場はじめデサントのご協力なしてはできないキャンプです今後ともアルペン選手育成の面でのご協力よろしくお願いします。

引き続きダイナマイトスキーレーシング シーズンインキャンプが始まっています。今年も元気の良い子供達が集まってくれました。精いっぱい育成いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

春の遠征のご提案

マウントバチュラーでのスピード系FISに参戦する遠征を企画しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

差を埋める遠征!標高3500m OVER

VAIL ・ LAVELAND ・  COPPERMT

心技体を鍛える遠征を終えました。決してレベルが高いチームではありませんが今後ますますレベルアップしてくれることを願っています。難度の高いVAILでの練習、酸素の薄いラブランドでのレペテ―ションのようなSL、FIS/COC参戦、スーパーGトレーニングに大会、完成度を上げる為のカッパーでの締め、とても価値ある一か月になったことでしょう。各国の選手達とのトレーニングやワールドカップ観戦も刺激になりました。日本も雪が早いようですから本拠地北海道に戻り練習に練習を重ねます。
A B C_2 D E F G H I
Vail SuperG Trainig

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

US実践開始!シーズンインの富良野合宿締切

フランスからアメリカへ移動しターン前半での仕事をする為の基本練習をびっしりこなし実践に入りました。LAVELAND/VAILの環境を用意していただき日に日に上達しています。これから後3週間仕上げの段階レースに体験して2017/2018シーズン戦える基盤を作っていきます。

12月1月初旬のシーズンイン富良野合宿は締切となりました。春にお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

基盤作りのフランス遠征

マーク ガルシア氏の指導のもとしっかりとしたスキーのベースを学び、自分がやらなければならないことがはっきりしたと思います。ティーニュの氷河はリアルアイスこのバーンで基本を学ぶのが、一番近道と思い今回、私のフランスの親友を尋ねました。これから一度日本に戻り、アメリカでの遠征に向かいます。長いシーズンです焦らず確実にレベルを上げられるように進めて行きます。

20171028_101508 20171102_154632 20171026_111105_6
友人とテクニックの整理をしてきました。またパワーアップして皆さんにお伝えできます。お楽しみに・・・!
11月7日に一旦帰国し13日にアメリカに移動します。12月10日には北海道へ入り本格的なシーズンが始まります。
1人1人がゴールで笑えるシーズンにして行きたいですね。See you soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

スクワットの足圧ポジションでピスラボを切る【RID PISLAB CAMP】

RID PISLAB CAMP は、私が講習させていただきました。DYNAMITE SESSIONのテーマはスクワットのポジション高い腰の位置へ戻すことは最大の基本ですがどうしてもアイスバーンやピスラボを切ろう切ろうとすると外向姿勢が強くなり前傾過多になりがちになります。スキーの構造はブーツセンターよりも踵よりにスキーのコアがあります。前に荷重してもスキーは撓みません。

Fb_img_1507457078344_2Received_1114344022033248_3

撓みはスキー全体に圧が均等にかかった時にきれいに撓みます。要するにスクワットした時の足の面圧分布と同じなのです。成長期を過ぎればフリーウェートをするようになりスクワットの姿勢を教わることもあると思いますが幼少期からそのポジションを理解させておくことでレベルアップにブレーキがかからなくなります。

Fb_img_1507521187064Fb_img_1507521194003Received_1114344058699911

スキーは自分の力で撓ませるのではなく遠心力や重力の力で地球の中心から押し上げてくれると考えるのです。

アイスバーンもピスラボも力づくでは歯が立ちませんよね。エッジのグリップ度合いと自分の体の軸の傾き度合いがつり合い自重がダイレクトに伝わっているポジションに入り込んであげることが大切なのです。

ダイジェストVTRにはそのヒントが少しわかる内容になっています。是非ご覧になって前荷重と身体の折れや外向を必要以上に使ってはいけないことをご覧ください。

Youtubeに参加者の動画を投稿しました。ご利用ください。

1日目のVTR 2日目のVTR

リッド阿部様始め大森サポーターそしてウィングヒルズ白鳥リゾートスタッフの皆様に心より感謝いたします。お疲れ様でした。

今後の予定

フランス遠征 10月23日~11月7日 お急ぎください。

アメリカ遠征 11月13日~12月9日 まだ間に合います。

富良野合宿 12月10日~ 1月8日 申込開始

会員募集開始しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«挨拶の力!