2017年11月 5日 (日)

基盤作りのフランス遠征

マーク ガルシア氏の指導のもとしっかりとしたスキーのベースを学び、自分がやらなければならないことがはっきりしたと思います。ティーニュの氷河はリアルアイスこのバーンで基本を学ぶのが、一番近道と思い今回、私のフランスの親友を尋ねました。これから一度日本に戻り、アメリカでの遠征に向かいます。長いシーズンです焦らず確実にレベルを上げられるように進めて行きます。

20171028_101508 20171102_154632 20171026_111105_6
友人とテクニックの整理をしてきました。またパワーアップして皆さんにお伝えできます。お楽しみに・・・!
11月7日に一旦帰国し13日にアメリカに移動します。12月10日には北海道へ入り本格的なシーズンが始まります。
1人1人がゴールで笑えるシーズンにして行きたいですね。See you soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

スクワットの足圧ポジションでピスラボを切る【RID PISLAB CAMP】

RID PISLAB CAMP は、私が講習させていただきました。DYNAMITE SESSIONのテーマはスクワットのポジション高い腰の位置へ戻すことは最大の基本ですがどうしてもアイスバーンやピスラボを切ろう切ろうとすると外向姿勢が強くなり前傾過多になりがちになります。スキーの構造はブーツセンターよりも踵よりにスキーのコアがあります。前に荷重してもスキーは撓みません。

Fb_img_1507457078344_2Received_1114344022033248_3

撓みはスキー全体に圧が均等にかかった時にきれいに撓みます。要するにスクワットした時の足の面圧分布と同じなのです。成長期を過ぎればフリーウェートをするようになりスクワットの姿勢を教わることもあると思いますが幼少期からそのポジションを理解させておくことでレベルアップにブレーキがかからなくなります。

Fb_img_1507521187064Fb_img_1507521194003Received_1114344058699911

スキーは自分の力で撓ませるのではなく遠心力や重力の力で地球の中心から押し上げてくれると考えるのです。

アイスバーンもピスラボも力づくでは歯が立ちませんよね。エッジのグリップ度合いと自分の体の軸の傾き度合いがつり合い自重がダイレクトに伝わっているポジションに入り込んであげることが大切なのです。

ダイジェストVTRにはそのヒントが少しわかる内容になっています。是非ご覧になって前荷重と身体の折れや外向を必要以上に使ってはいけないことをご覧ください。

Youtubeに参加者の動画を投稿しました。ご利用ください。

1日目のVTR 2日目のVTR

リッド阿部様始め大森サポーターそしてウィングヒルズ白鳥リゾートスタッフの皆様に心より感謝いたします。お疲れ様でした。

今後の予定

フランス遠征 10月23日~11月7日 お急ぎください。

アメリカ遠征 11月13日~12月9日 まだ間に合います。

富良野合宿 12月10日~ 1月8日 申込開始

会員募集開始しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

挨拶の力!

朝ランニングしていると慌ただしく車が行きかう。

国道から堤防に入るとホッとする。

川のせせらぎと風の音、たまに聞こえる

鳥の囀りが心地よい

代謝が上がりペースも上がりようやく

身体が起きて来る

前方の田んぼと公園の間には小学生らしい子供が2人

その子たちは路上のカタツムリと遊んでいるようだ。

100m50m20mと近づいて10m手前で
Aisatu_2
Run







私に気が付いて目が合う

全く意識していない私はそのまま

通り過ぎようとした瞬間

『こんにちわ!』と大きな声が飛んできた

瞬時に私は『おはよー』と返した。『そうだおはようだ。』と低学年

脳にスイッチを入れてもらったような気がした。

子供達が大きく見えた

日本もまだまだ捨てたものではないな。

最近私は年もとり、若い頃と違って挨拶を強要しなくなった

挨拶は自分の心がだすものだと思うようになったからである。

それにしても挨拶一つで一日に活気が出てくる。

素直な挨拶には大きな力が秘めている

繰り出そうぜ!素直な挨拶!

挨拶は相手にとっても自分にとっても

パワーの源であると子供達に気付かされた。

On_go

What's News !

DRC会員登録 開始Drc_rogo1smoll

富良野合宿 申込開始

ヨーロッパ・アメリカ遠征 若干名OK

RID PISLAB CAMP 申込中

MSP GRASS SKI CAMP 申込中

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

秋からのイベント情報 

RID PIS☆LAB CAMP 【ピスラボ】
ピスラボが初めてな人も・ダイナマイトが初めてな人も・競技じゃない人も大丈夫
日程 10月7日8日
申込 RID チューンのカリスマ阿部様まで
Pis3
Pis_2Pis
MSP GRASS SKI CAMP【グラススキー】
サイオトのグラススキー場を貸切で練習できます。レンタルももちろんありますよ。
初めての方も是非お越しください。
日程 10月14日15日
申込 MSP 持田スポーツまで
Gr_1 Gs2 Gs3
シーズンイン海外遠征の日程
この遠征はTEAMメンバー、OB、OG 
その関係者及びサポート企業ショップからのご紹介選手のみ参加可能です。
ヨーロッパ遠征
場所 フランス ティーニュ 
日程 10月23日~11月 6日(15日間)
アメリカ遠征
場所 アメリカ コロラド 
日程11月12日~12月 7日(26日間)
Tegnes3
Situationdelaresidenceatignes3500ma
Tegnes_2

富良野合宿

日程 12月10日~1月3日

  • 12月10日~15日   フリースキー期間
  • 12月16日~17日   DESCENTE DREAM CAMP
  • 12月18日~1月3日      ゲート練習期間

DRC会員のみ合宿所の宿泊が可能です。

会員の募集・富良野合宿の申込みまでもう少々お待ち下さい。
申込サイトの更新が間に合っていませんがご質問等ありましたら
メール:lstart@nifty.com  電話 :090-3319-1567
までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

スイッチは自分で入れる物!NewZealand2017 Session 2.3 Gate編

パウダーの雪から徐々に晴れ間が続き、下地がどんどん締まって来ました。最終のGSは高速で練習ができSLは朝アイスバーンの環境でスタートできました。フリーでの滑り込みや基礎トレーニング、基本ゲートで積み重ねて来たので選手の調子も最高潮に達して行きました。モチベーションも上がり自立心も湧いてきて各自やるべきことを率先して行うようになり選手としても自覚もはっきり表れるようになって行きました。やはりスイッチは自分で入れる物ですからね。

Ruh_ice_lane
Ruh_gs_hill Ruh_top_as
さて、来年の平昌五輪の参戦ニュースも飛んできました。技術系の女子も3大会ぶりに参戦できることが決まったようです。12月阿寒で行われる全日本選手権で選手が選考されるようで本当に楽しみなシーズンになって来ましたね。
Tekapo_laRoundhillRuh_ice_lane_2
秋、身体を作りきたる2017/2018シーズンにはベストの状態で臨んで下さい。裏方に回っていた私もそろそろトレーニングに熱を入れて行きます。まだまだ滑れるように身体を整えなくてはね・・・!
Dobson_sl_hill Dobson_sgl_hill
Dobson_tbar来季のニュージーランドの日程は8月6日~26日になります。少々のずれは出ますが日程の調整に役立てて下さい。秋の遠征も近いうちに決まります。10月23日以降~EUへ計画をしていますのでご相談下さい。あくまでチームの遠征として企画いたします。募集はいたしません。
Mt_john_as2 Mt_john_as20170807_111916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

NEW ZEALAND遠征 Session1

Nz_2Filix_4Roundhill_3




真夏の日本から南半球に来ると真冬!

今年は雪も多く環境も良いようです。フリーをしっかり距離稼いでから

ショートポールで基本練習を重ねてきました。

Filix2ドイツチーム、アメリカチームにも会うことができて最高のスタートとなりました。

オフを取り今週からはゲートに入ります。

週明けの天気が心配ですが何とか2日オープンを願いいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

この山は選手の意欲を誘う山

立山に上がって何年になるだろうか?

私は高校の時から雪渓で滑って成長して来た。

中学の時は毎週十勝岳や旭岳の姿見の池

高校では黒岳頂上裏の雪渓

大学では月山や乗鞍、北海道の山も夏は行った

卒業後は乗鞍の大雪渓の毎年通い

栂池や白馬の雪渓でも滑った

2013年には富士山の頂上からテレマークで滑っている

そしてここ数年立山に戻り、子供達を強くしている。

と言うより、この山が子供達の意欲を誘い

心も体も強くしてくれている。

私のスキー人生は夏の雪渓で支えられてきたと言っても過言ではない。

海外にも行き、そして雪渓にも立つ、なぜか雪渓に立つと気持が落ち着く

そしてやる気を注いでくれる場所なのである。

All_m1Murodo2Murodou1Haru1Murodo3_2


Tengu1Start_1Sky1Pinpom1

ここまで雪渓が長く大きい夏は初めてです。雪渓が大きいとバーンも良いし選手たちのモチベーションも上げてくれます。あぁー!また来てよかった。皆上手くなれたし、笑顔で帰った。来年また会いましょう。

参加選手VTR(Youtubeより)

Tateyama JULY 19 2017 バーン作り片足ストップ

Tateyama JULY 19 2017 GS

Tateyama JULY 19 2017 SL 11m and Brashi

Tateyama JULY 20 2017 SL 実戦

Tateyama JULY 20 2017 SL 細かいセットと Time race

Tateyama JULY 21 2017 SL last day

2018年は第一弾6月9日10日、第二弾7月14日15日16日

是非、聖地立山でお会いしましょう。

秋の遠征調整中

10月末~ヨーロッパ~アメリカ~中国へ周遊で計画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

立山 初日雨 2日目快晴

20170611_12453620170611_12455220170611_122455

天候はきちんと平均ですね。初日10日上がった時は曇り空で4度寒かった。天狗の『点の記ラーメン』をいただいて温まっているとお昼からは雨が落ちてきて出るのに勇気がいるくらいでしたが雷も鳴ってませんし私の心を奮い立たせて雪渓に立ちました。

20140621_12423520140622_07551120140720_105657

午前セットした40旗門のセットを3本とブラシの中を片足スキー10本選手たち良く頑張りました。それで終わらないのが私、帰ってから身体が冷えているので風呂に一直線、その後で内臓をしっかり温める為に補強のエアロビ腹筋を1000回+20回頑張りました。お陰で風も引かずに済みます。そして夜7時過ぎ晴れてきました。

20170609_18511620170611_05043020170611_093754

2日目は5時起床 4時45分に外に出ると女子選手が体操していました。気温は-1度、雪はカチカチのアイスバーン最高のコンディションです。

天狗平山荘の裏でトレーニングできますので最高です。すぐに準備して選手はフリー音が冬の音です。40旗門タイムを計りながら5本小学生達も歩くのが速くなって来ました。

8時まで頑張って天狗平の美味しい朝食パン食べ放題最高です。

9時30分から最終クール 片足での基本ルーティーンから実戦セットを10本2時まで頑張りました。来月は7月15日16日17日 詳細はこちら⇒ENTRY PAGE

参加選手のVTRはこちら

10日ブラシ基本 10日SL基本 

11日早朝SL実戦 11日片足ブラシ 11日最終クール実践

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

流れに乗る!

20170502_13193720170507_084023

近頃、私は一段落という時がわからなくなりました。

それが私の原動力かもしれません。

水も止まれば淀みます。

経済だって止まれば沈んで行く

昔ほど大きなことはできなくなりましたが

細くても生活にスキーの時間を絶やさずに

常時動きを止めないことはできている。

この年になると急な上り坂を駆けあがったり

急発進したりすることはできないが

たんたんとゆっくり流れに乗る様な

日々はこなしているような気がする。

スキーの乗り方も一緒かな?

才能もあるわけではないし、頭を使って何をできるわけでもない。

でも、ただただスキーを考え続けられる自分には我ながら関心する。

今シーズンも人にとっては大した結果ではないが

この年で滑らせてもらっている

何レースか良しと思うレースもあった。

そして何より教えている子供達が私の顔を見ると笑顔になってくれる。

笑えるって前向きだからだよね。

それだけで私は続けられる

全ての教えた選手が昨年の初めよりも

上達していることで全て良しであった。

スキーって楽しいね

ゴールデンウィークの参加者VTRは⇒Youtubeよりご覧ください。

https://www.youtube.com/view_all_playlists

第二弾立山天狗平室堂雪渓合宿申込お急ぎください。

DYNAMITE SKI RACING ENTRY PAGE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

練習は嘘をつかない!春季合宿報告

大会だけ回っていて実力は付きませんよね。

どこかで思い切って練習の時間を作らなくては・・・だめです。

12月に多少練習して1月にはレースに突入

その後皆さん何日練習の時間を設けましたか?

大きな大会ならアップポールや事前練習もありますが準備する為だけの練習

とても技術を進化させる練習などできていません

練習に集中すると見事に磨きがかかります

ここのところ選手は減っているのに大会がたくさん増えてきました。

FISの試合もエントリーオーバーになる試合はほとんどありません。

ポイントを取ることは確かにスタート順番を上げる為に必要なことですが

それよりも先に練習してレベルを上げることの方が先決です。

実力のある選手は各種目2試合さえあれば

簡単にポイントを取れることを忘れてはいけません。

良いですか試合より練習ですよ。

練習は嘘を決して付きませんから・・・・・!

春季富良野合宿報告

20170402_14004220170402_14010820170402_09301720170402_09343420170401_11294520170327_174747




3月20日~4月2日まで春季富良野合宿を開きました。この2週間でレベルアップ滑って滑って滑りまくりました。大会より練習実力が上がらないと戦っても心が痛むだけですからね。

参加選手VTRこちらhttps://youtu.be/2rhHLg89SJM

最終日VTRhttps://youtu.be/cDH8F_0ZHvs

今後の日程

富良野ゴールデンウィーク合宿 4月29日~5月7日 

≪富良野営業予定7日クローズ場合は黒岳へ≫

立山雪渓天狗平合宿 6月10日~11日 申込開始5月10日

立山雪渓室堂合宿 7月15日~17日 申込開始6月5日

ニュージーランド遠征 8月7日(月)~8月26日【20日間】

≪FIS・COC参戦希望者は9月上旬まで≫

遠征を検討している方は前もってご連絡ください。10名程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«MSP大山レーシングキャンプ